読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


早起きは三文の得!?

雑記

早起きは三文の得。

 
この諺。
 
本当に得なのか。
 
実際に経済的な面で得かどうかは、その道の専門家に任せておけばいい。
 
此処では気持ちの面での話をしたい。
 
私は結構、朝は早い方だと思う。
 
寝るのはいつも夜中の1時頃。
 
そして起きるのは早ければ4時頃。
遅くても6時前には目が覚める。
 
若い頃から睡眠時間は短めで、これでも歳をとったからか、大分、睡眠は摂れる様になったくらい。
 
私は元々寝付きは非常に悪い方だった。
寝付けないままに朝を迎える事もよくある事だった。
週に半分くらいは不眠になるくらいに。
 
それが今は幾らか改善して、 数時間であっても毎日、睡眠が摂れている。
 
正直、非常に助かる。
不眠は本当にしんどいからね。
 
そして眠る事が出来るから、起きる事も出来る。
更に、だから早起きも出来る。
本当にありがたい。
 
逆に寝起きの方は以前から、めちゃめちゃ良い。
今も変わらず、起きた瞬間から、頭はすっきり。
すぐに重たいものを食べる事も全然、苦じゃない。
 
要するに私は完全な朝型人間であると思う。
そんな私にとって早起きは非常に気持ちがいい。
 
何より早朝は静かだ。
日中の喧騒から解き放たれる。
 
遅く起きると、いきなりその喧騒の中に放り込まれる。
喧騒から解き放たれる時間が無くなってしまう。
 
それが非常に勿体なく感じる。
だから早起きは得した気分。
 
早起きした分だけ、貴重な時間を体感出来る。
そして、その貴重な時間を有効活用する。
 
早起きした朝、その限られた時間に私は一番、集中が出来たりもする。
 
最近、始めた和歌も、その殆どは早朝の時間帯に出来た。
更に詩を書く時も早朝が多い様に思う。
勿論、小説やエッセイも早朝が一番、捗る。
 
私にとっては、その早朝の数時間が勝負だったりもするのだ。
 
詩や和歌、そして短編小説などは早朝の時間帯に書き上げる。
そして小説やエッセイなどは、早朝の時間帯にある程度、方向性を決めておかないと、日中の作業も中々、捗らなくなる。
 
その早朝の時間帯を過ぎると、ちょっとした睡魔に襲われる。
眠くなったのなら、眠ってしまえばいいのかもしれない。
そして一旦、眠ってから、また起きればいいのかもしれない。
 
しかし実際に眠る事が出来る程、眠くはならない。
要するに集中力が削がれるだけなのだ。
 
だから私にとっては、早朝の時間帯が本当に貴重なものになる。
 
こんな事を言うと、大袈裟なのかもしれないが、早朝の時間帯にこそ、この世界の全てがある。
早朝の時間帯にこそ、私がこの世界に存在する事を実感も出来る。
 
だから私にとって早起きは得である。
それも三文どころの話ではない。
 
実際にお金に変換は出来ないが、気持ち的にはお金に変えられない程に貴重なものだ。
 
それくらいに得した気持ちになれる早起き。
 
私はこれからも早起きをしていきたい。
 
そんな風に思う。
広告を非表示にする