KOIKEYA PRIDE POTATO魅惑の炙り和牛

今週のオヤツ。
f:id:gushax2:20170609062410j:plain
販売休止していたKOIKEYA PRIDE POTATOの魅惑の炙り和牛味。
見かけたので、買ってみた。

実際に食べてみて、本当に販売休止になる程の味なのか。
自分の舌で確かめてみたかったからねぇ。

んで、実際に食べてみての感想。

う~ん。

正直に言って、そこまで美味しいとは思わない。
以前に食べた海苔塩の方が私は美味しかった。

恐らく、私はもう二度とこの味は買わないと思う。

勿論、決して不味い訳ではないよ。
でも、他の商品を買った方がいい。

わざわざこの商品を買う理由が私には見つからなかった。

でも、よく考えてみたら、私は和牛を食べた事が無いかもしれない。
要するに和牛の味自体、知らなかったって事。

そんな人間が和牛味のお菓子を美味しいと思えるのか。
逆に和牛の味を知ってる人は美味しく感じるのだろうか。

いずれにしろ、気になる人は一度、食べてみるしかない。

そしてその上で個人的に私は過大評価だったかな、と。

それがメーカーの意図によるものなのか。
それは分からない。

最近は新商品を手探りで始める傾向もあるみたい。

だからメーカーに意図が無くとも、
消費者が少し過剰な反応をするだけで、
容易く販売休止になったりする状況!?

その様な事が書かれている記事を目にしたが、
正直、それを読んで疑問に思った。

メーカーがそんな安全策をとってる様じゃ、
本当のヒット商品は生み出せないんじゃなかろうか、と。

勝負をかけて、失敗し、その先に大成功が待っている。

或いは勝負をかけた事を強引に成功させる。
その強引さの部分にアイデアが問われるのではないか。

安全策をとる限り、そういうアイデアは出てこないだろう。
その機会を奪ってしまうのではなかろうか。

私は素人だけど、そういう風に思うんだよね。

それともプロの目からすると、
小成功でもいいから失敗しない事、
の方が優先されるのだろうか。

実際のところはよく分からないが、
個人的にPRIDE POTATO自体、
一過性に終わりそうに感じる。

それが当たるかどうか。
お手並み拝見、と。

広告を非表示にする