連載物より短編

最近、創作の方は「風を掬う者」の英訳、

WINDSCOOPER

を中心にやっているが、
合間、合間に詩やエッセイ、
そして短編小説も幾つか書いている。

元々は短編って何を書いたらいいのか、
よく分からなくて苦手に思っていた。

しかし連載物の方が手につかなくなってきて、
時々書いている短編の方が向いているのかもしれない。
なんて思い始めている(苦笑)

連載物だってエピソードに分ければ、
一話一話はそんなに長くする必要は無い。

しかし連載物は前後も考えなければならないからねぇ。

伏線を入れたり、伏線を回収したり。

それで中々、思う様には書けなくなってきて、
連載物の小説はもう半年以上書けていなかったり(汗)

多分、もうこの端末で書く事は出来ないだろう。
続きを書くとしたら、端末を買い替える事が出来てから。

幾つか書きかけのを仕上げる事はあるかもしれないが、
自分自身でも余り期待はしていない(苦笑)

それよりも思い付きで書ける短編。
そちらの方が書ける様になってきた。

不思議なもんだねぇ。
あれだけ苦手だったのに。

でも、連載物が書けなくなってきて、
小説を書きたい欲求を短編で消費してるみたいだね。

だから、またその内、短編が書けなくなったりするかも。
そしてそうなった時に連載物を書く事が出来る様になる。
なんてね。

分からないが、今は短編しか書けなくなってしまった(汗)

広告を非表示にする