英詩

今日「現世に散る一片の物殻」を更新した。

この作品は曲をつける事を意識して、詞を書いている。
でも、実際に曲を付ける事はないだろう。

曲を付ける事を意識して書く事を楽しんでいるだけ。

そして今回は直接、英語で書いてみた。

いつも英文を書く時は日本語を書いてから、
それを英訳する事が殆どだった。

だから、これまでの英訳詩とはまたちょっと違う。
似て非なるもの。

英訳は近似値まではいくけど、同値にはならない。
勿論、英詩を日本語にしても、同値にはならない。

要するに日本語で書いた場合は本物が日本語詩。
英語で書いた場合は英詩が本物になる感じかな。

訳したものは、あくまでもレプリカ。

そして実は英詩を以前に何個か書いた事はある。
だけど前の端末に残って無かったので、
以前のものはそのまま露と消えてしまった。

そして以前に英詩を書いた動機は
日本語で書くのが恥ずかしかったから。

今回はどちらかと言えば英語で書く方が恥ずかしい(照)

それでも私はもう恥ずかしがる様な歳じゃないから(笑)

という訳で日本語よりも英語で表現した方が良さそうに思って、
直接、英詩を書いてみる事にした。

日本語でも大したものが書けない私だから、
英語で書いたからと言って何かが変わる訳ではない。

ただ多くの日本人の方には、よく分からないだろう。
だから、余り恥ずかしくもない(笑)

英語が分かる方に見られるとみっともないけど、
まあ、それは殆ど接点がある訳じゃないし。
気にしない、気にしない(笑)

広告を非表示にする