母国語が英語でない者同士の英語でのやり取り

先日、英語を使う機会が増えたと書いた。

でも、それは実は英語を母国語にしている方を
相手にしている訳ではないんだよね。

もっもと英語圏のSNSは日本語対応していたりするので、
日本人の利用者も多くて大して珍しくもないのだろう。

TwitterとかInstagramとか利用をしていても、
外国の方と話をする機会は殆ど無い。

だから英語を母国語にしている外国の方と話をする機会も無い。

しかし英語圏以外のSNSを利用をしていると、
時々、外国の方から話し掛けられる事がある。

それで日本語であったり、相手の母国語であったり。
最初はそれで話をしていたりする。

でも、英語以外はGoogleの翻訳ツールを使っても、
今一つ意図が伝わらなかったりするんだよね。

それで間を取って(笑)
英語でやり取りをする事があるんだ。

それで、ちょっと思った事がある。

母国語が英語でない者同士の英語でのやり取りって、
中々に面白い面があるなぁ、とね。

言語変換をする負担がお互い様になるのがいいのかもしれない。

恐らく英語を母国語にしてる方と英語でやり取りをしても、
この様な面白さを感じる事は無かったんじゃないかな。

こちらの拙い英語を理解しようとする負担を
一方的に相手にかけてしまいそうだよね。

それがお互いに拙い英語だと、お互い様って事で(笑)

そんな面白さがあるなぁ。

と。

今日はそんな話。

広告を非表示にする