読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


俳句「銀杏並木」

自著解説

先日、書いた、この俳句。

今回はいつもの様にプレバト!!のお題から。

「銀杏並木」と「11月」だったかな。

それで考えた。

そして、ちょっと前に木枯らしのニュースがあった様に思って、
木枯らしに銀杏の葉が舞い散る画が浮かんだ。

それを詠んだんだけどね。

まあ、そんなのは句を読めば分かる事(笑)
わざわざ解説をしたのは『鴨の脚』について。

銀杏は他にも表記出来る漢字がある。

それが『鴨脚』なんだよね。

銀杏の葉が『鴨の脚』に似ているから、との事。

だから『鴨の脚』はそのまんま銀杏の葉の事。
そして『鴨の脚』にする事で、季語を被らない様に出来る。

多分、銀杏は季語になっちゃうと思うんだ。

調べると季語じゃないみたいな事も書いているが、
季語だという様に書いてあったりもする(苦笑)

正直、よく分からない。

だから、一応、無難に避けておいた。

解説しなくても、例えとして
受け止めて貰えるのかもしれないけど、
一応の解説をさせて頂きました。

カクヨム版

バックアップブログ

広告を非表示にする