読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


詩「無敵」

この詩のタイトル。

私らしくないよね。

そして私らしくないところが私らしい(笑)

自分では、そんな風に思っている。

んで、解説の方をさせて頂くと、
今、世の中は極端な方向へと進んでいる様に感じる。

そして相対するものが敵対して、
過剰なまでに相手を攻撃する。

そんな現状に対する私の疑問を詩に認めました。

立場や育った環境が違えば、ものの見方や捉え方、
物事に対するアプローチ等、違いが出て当たり前。

そして立場や思想・意見が違えども、同じ人間なんだよね。
或いは、同じ命でしかない。(人間に限定しない)

それを敵と考える必要があるのか。

私は立場や思想・意見が違えども、同じ同志である、と。

同志として立場や思想・意見が違えども、
相手を尊重する姿勢が大切なのではないか。

それが物事を改善に向かわせる。

そんな風に思うのです。

最近は特に過剰な表現がよく取り沙汰されます。
皆さんはどう感じますか!?

カクヨム版

ブログ版

広告を非表示にする