負け犬の遠吠え

私の言う事なんて、所詮は負け犬の遠吠えなんだよな、と。

 
つくづく思う、今日この頃。
 
まあ、それも負け犬にしか出来ない役目だとも思っているが、
それでも、不安に駆られたりもしてしまうのである。
 
これで、いいのだろうか。
 
本当に、いいのだろうか。
 
ただ、今の自分には他に出来る事が無い。
 
かえって、それが良かったのかもしれない。
 
結局は書き続けるしか無いんだよね。
 
書きたい事がある限りは。
 
でも、それも、いつまで続ける事が出来るのか。
 
出来るだけ書き続けたい気持ちもあるけど、
早く留めを刺して欲しいと思ったりもする(苦笑)
 
留めを刺されれば自立しなくてもいい訳だしね。
負け犬のまま負け犬として負け犬の生涯を終える。
 
今は本当に、そう思えたりもするんだよね。
毎日、毎日、クタクタになるまで書いて。
 
もう、いつ死んでも構わない、と。
決して、大袈裟ではなく思う。
 
いや、寧ろ、こう思える内に死ねたら、
とさえ思えるくらいだったりもする。
 
正直、自立が出来てしまったら、
それはそれで自信が無いし不安も大きい。
 
それでも、成り行きを受け止め様と思う。
 
どんな事になろうとも、
出来る事だけを精一杯やっていけばいいや。
 
負け犬でも構わない。
 
いや、負け犬、万歳!
 
と最後に吠えてみる(笑)
広告を非表示にする