短歌「文学」

今や表現も多様化して、

文字だけの表現に限界もあるのかもしれない。
 
それでも諦めずに挑戦を続けていく。
決して楽をしようとはせずに、
大変でも文字による表現を追い求める。
 
それが物書き、文章を書く者として矜持の様に思う。
 
プロが言えば、カッコイイのかもしれません。
 
でも、私は下手くそでも構わないから、
その様な覚悟をもって書いていきたい。
 
 
広告を非表示にする