文字数

今日は小説の文字数について。

 
私は小説を書く時、
エピソードで分けて書くのが好きみたい。
 
そして、そのエピソードの文字数。
1000文字前後が私の守備範囲みたい。
 
風を掬う者」は元々、それで書いていた。
それをコンテストに参加する為、
応募要項を満たそうと少しずつ加筆をした。
結果、一話1200~1700文字程度になった。
 
また、「風と星の水遊び」に掲載している短編も
1000文字に満たないものばかり。
くやほが」は1000文字前後で書いている。
 
そして周囲を眺めていると、
もう少し増やした方が良さそうな感じではある。
2000~3000文字くらいがいいのかな。
 
どうやら私は淡泊みたい(苦笑)
実際に色々と淡泊な人間だとは思うけど。
 
という訳で「武士ーもののふー」は少し頑張って、
一話3000文字弱で書いている。
 
因みに「cheap love」は文字数を気にしていない。
だから多いのは一万文字近くに達するエピソードもある。
短いのは1000文字に満たない。
こちらは差が激しいが、そういうのもあっていいよね!?
広告を非表示にする