今後の方針

今日は「風を掬う者」について、

今後の方針等、書いていきたいと。
 
先ず、以前にも申しましたが「壱章」と「弐章」は、
出来る限りコンパクトに書いてきたので、
泣く泣く削ってきた表現も、それなりにあります。
だから、先ずは現状の形でどれだけ加筆が可能なのか、
一番最初から、探りを入れてみたいと思っています。
ただ、如何せん書いたのが随分と前なので、
どの程度、思い出す事が出来るのか、修整・加筆を実際に
やってみないとわからないというのが正直なところです。
 
そして、それでも足らないようであれば、
今度は、エピソードの追加等を、
考える必要もあるのかもしれません。
特に「弐章」は話自体もかなり端折った部分があるので、
幾つかは追加も可能だと考えています。
 
ただ、現在の正直な気持ちを一つ言うと、
同じ様な事をずっと考えるのは、
暫くは、ちょっともう、勘弁という感じでもある(笑)
 
だから、これからは色々な事を考えながら、
あくまでも、その中の一つとして、
少しづつのんびりやっていきたいと思います。
 
後は、それでも何とかなると思うので。
また、2月になって、やばそうだったら、
追い込みかければいいかな(笑)
広告を非表示にする