更新休止

ちょいと、一ヶ月程ブログの更新を休止したいと思います。

 
理由について他ではお茶を濁しておきましたが、
こちらでは詳しく述べておきたいと思います。
 
来月にカドはての小説投稿サイトが開設されるとの事。
そこでのweb小説コンテストに応募したいな~と思ってね。
それで私の書きかけの小説の中から「風を掬う者」を
書き上げて応募しようと目論んでいます。
 
ただ「風を掬う者」の中でも、これから書き上げる
「参章/死望者」は自殺を扱っています。
下手したら、その点で弾かれてしまう
可能性も十分に考えられます。
 
しかし、私は私でそのようなものを扱う事で、
命の尊さに対する疑問を投げ掛けたいのです。
命というものは尊いものであると同時に
儚いものでもあったりするでしょう。
 
特に現代社会においては、命の儚さに対する
理解が足りないように思うのです。
尊さばかりが大切だと言われ続けているように思います。
 
そんな中で私は
「命の儚さに対する理解が足りない尊さ」
に危うさも感じるのです。
 
それを表現したくて、私は10年程前に
風を掬う者」を書き始めました。
その後、私は一旦ネットを離れる事になってしまい、
風を掬う者」を途中で放り投げてもしまいました。
 
しかし今年の夏に私はネットに復帰する事が叶い、
それに伴って「風を掬う者」も再開する事にしました。
 
そして今度のコンテストに応募してみようかな、と。
確かに私の小説は余りにも拙く、とても人様に
お見せ出来るようなレベルではないのかもしれません。
趣味で自己満足だけしていればいいのかもしれません。
 
だから、正直に言って、私が応募したところで
大した評価が得られる訳でもないと自分でも思います。
 
しかし、やらないままに「どうせやっても駄目だから」と
やってみてから「やってみたけど駄目だった」は
大きく違いがあるように思うのです。
 
心の底から「やってみたけど駄目だった」と
思えるようになる為にも、
今から暫くは脇目も振らず、
風を掬う者」に全力を尽くしたいと思います。
 
カドはてのコンテストに応募するには今やるしかない。
ブログやTwitter等はそれが終わってからでも出来る。
 
人生は一度きりしかありません。
状況により優先順位は変わったりしますが、
今、自分にとって何を一番優先すべきか考え、
出来る限り悔いを残さぬように行動したいものです。
 
それでは、皆さんと再びお会い出来る事を楽しみに、
先ずは私自身が頑張りたいと思います。
広告を非表示にする