ゴーストライター

私はゴーストライターになりたい。

 
プロの作家になりたくない訳ではないが、
多分、それは無理だと思う。
 
勿論、現在はまだまだ文章自体が
お金になるようなものではないだろう。
 
ただ、もし価値のある文章が
書けるようになったとしても、
そうなったらそうなったで、
その重圧に勝てそうもないのです。
 
そうなると、ゴーストライターというものに
ものすごく魅力を感じたりするのです。
 
私自身は今更、評価されたいとも思わないし、
評価が上がったら上がったで重圧になる。
しかし、作品は評価してもらいたい。
評価が上がったら嬉しいのだ。
 
私自身は駄目人間で構わない。
その駄目人間が書いた作品。
駄目人間だからこそ書けた作品。
駄目人間にしか書けない作品。
 
それがいつの日にか他者の名前を借りて、
評価して頂ける日が来たら、嬉しいな、と。
 
ただその前に、価値のある文章が
書けるようにならないとね。
そして、重圧に勝てるようであれば、
わざわざゴーストライターになる必要も
ないのかもしれない(笑)
 
だから先ずは文章書く力を高める。
そして機会があったらプロに挑戦してみる。
それで駄目なら、ゴーストって感じかな。
問題なのはその機会を作れるかどうか。
 
最後に今日の成果。無し。
広告を非表示にする