燃焼

今日はTwitterで呟いた事をまとめてみました。

私が「死」を意識し始めるようになったのは、
小学5~6年生くらいの頃だったでしょう。
それまでに何人もの身内を亡くし、
その度に人の「死」に触れ、子供ながらに、
漠然と長生きはしたくないと思うようになりました。

その結果、現実において私は、
一人の友人もおらず、
一人の家族もおらず、(親は除く)
極めて孤独な存在になりました。

因みに親を除く理由は、
親は自分ではどうする事も出来ないもので、
自分が構築可能な人間関係の外側にいる存在だからです。

そして、そんな孤独が結果的に、この世界を
私だけにしか見えない景色に変えてくれたように感じ、
この世界が多様性を必要としているのであれば、
私のような者は希少ではあると思い、多様性という点で、
自身の自己肯定に繋がっていたりもするのです。

そして、今はそうやって自己肯定も出来るのですが、
此処に到るまでには紆余曲折もありました。
それら全てのプロセスも含め、今の私が形作られる事にも
なったのですが、それを客観的に見た場合に果たして。
という事にもなりましょうか。

とにもかくにも、私が子供の頃から、
長生きはしたくないと、出来る事ならば40歳になる前に
死んでしまいたいと思うようになったのですが、
それを過ぎても生きている自分を、
今はなんだか奇妙に思ったりもするのです。

そして、私に後、どの程度の天命が
残されているのか、はわかりませんが、
燃え尽きる為に出し惜しみだけはしないように、
と心掛けていたりもするのです。

その結果ですね。
こんなにもブログを書いてしまうのは(苦笑)
もうそんなに後先あるわけじゃないので、
勘弁して下さいね(笑)

最後に今日の成果。
今日は久しぶりに私のツイートを
番組で紹介して頂きました。
ただ、名前は読んでもらえなかったので
ぐしゃぐしゃという読みがきちんと認識してもらえて
いるのか、その確認は出来ませんでした。
ついでにモーニングCROSSさんからも
リツイートを頂きました。
お気に入り以外は本当に久しぶりでした。
広告を非表示にする